こんにちは。動物看護師の田川です。

今回はマダニのお話です。

マダニは猫と人間両方に、ときに命をおびやかす病気を運ぶ寄生虫です。
重症熱性血小板減少症(SFTS)はマダニを仲介役とする、ウイルス感染症です。ニュースにもなることがあるので、耳にされたことがあるかもしれません。
SFTSを発症すると、発熱・下痢・嘔吐・出血などの強い症状が出ます。人での致死率は10-30%程度(厚生労働省)。おそろしい感染症です。

マダニは草むらなどに生息していて、都会の公園でも見つかります。海浜動物医療センターには、マダニに寄生しているペットがときおり来院します。ご自宅の庭にマダニがいたケースもありました。
まずは猫を外に出さないこと。人や同居犬がマダニを運ぶこともありますので、マダニの定期駆除も大切です。

 


黒猫のくろっち。なんとも言えないブサイクさがたまりません。