新年、あけましておめでとうございます。2020年もよろしくお願いいたします。

今年もよりよい動物病院を目指して、日々の診療にあたる所存です。

よりよい動物病院って何でしょう。自分が飼い主さんの立場になって考えれば、(1)「きちんと飼い主の話を聞いて」、(2)「動物の体をしっかりと触って」、(3)「的確な検査と診断をして」、(4)「説明がわかりやすく」、(5)「料金も適正」、つまりは診療や料金の不安を解消してくれる病院ではないかとおもいます。

どれも基本的なことですが、まだまだ、私たちも十分にできているわけではありません。

(1)については、来院前にご記入していただく問診票をホームページ上に用意する予定です。おおまかな情報を事前に頂戴することで、より詳細な問診に時間を使えます。

(3)については獣医師・看護師の個人的なスキルアップが必要であるとともに、スタッフ間の情報共有がとても重要です。小動物臨床の知見は日ごとに更新され、特にここ数年の各科における進歩には目を見張るものがあります。それを一獣医師だけでフォローすることは限界があり、チーム医療が欠かせません。さいわい、海浜動物医療センターでは獣医師間のコミュニケーションが密で、お互いに学んだことを教え合う雰囲気があります。現在は、腫瘍科・皮膚科の二次診療もできるようになっています。

個人的な計画としては、引き続き、循環器・呼吸器の勉強を毎日欠かさないようしたいとおもっています(いま、眠気と闘いながら読みすすめているのが「Veterinary Anesthesia and Analgesia: The Fifth Edition of Lumb and Jones」。足の上に落としたら指を骨折しそうな重さです。1000ページをこえる大著ですが、1年間で読破したい)。

(4)については病気ごとの説明資料を少しずつ増やしていきたいとおもいます。

1日、2日、3日は急患対応いたします。診察をご希望の方は、ご来院前にお電話下さい。

4日以降は通常診療をしております。

今年も動物たちが元気に過ごせるよう、しっかりと診療していきます。よろしくお願いいたします。