猫を守るために~VSフィラリア編~

こんにちは。動物看護師の田川です。
間があいてしまいましたが、今回はフィラリア症(犬糸状虫症)のお話です。

犬を飼っている方は、フィラリア症が命にかかわる感染症だということをご存じだとおもいます。実は猫にもフィラリア症があるのです。

フィラリアは蚊から感染し、細長い虫が心臓や肺動脈に寄生します。犬よりも小さな心臓の猫では症状が重篤化することがあり、慢性の咳・発熱・食欲減退などに苦しむことがあります。
猫のフィラリア症は犬よりも診断・治療が難しいのが特徴で、猫の突然死の原因の一つともいわれています。

千葉県を含め、全国的に発症例が確認されています。残念ながら、当院でもフィラリア症の猫ちゃんがいます。

犬とおなじように、猫のフィラリア症は治療よりも予防が大切です。予防は簡単で、背中にお薬をつけるスポット剤があります。1カ月に1回つけます。

今回で猫の予防のお話はおわりです。
いろいろあって大変!と感じられるかもしれませんが、ノミ・マダニ、フィラリアの予防が1回でできる薬もあります。飼い主さんがご自宅でつけられるので、病院が苦手な猫ちゃんでも予防ができます。お気軽にスタッフにご相談下さい。

しっかり予防をして、かわいい愛猫を病気から守ってあげましょう!

まもり隊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です