こんにちは。動物看護師の田川です。

今回はノミのお話。ノミは人間にも猫にも害をもたらします。

「猫ひっかき病」という変わった呼び名の病気は、ある菌(バルトネラ・ヘンセレ)に感染している猫から人間にうつる病気です。感染した人はリンパ節が腫れたり、熱を出したり、ときに重症化することもあります。大人よりも子どものほうが感染・発症することが多いようです(参照:日本細菌学会 http://jsbac.org/youkoso/bartonella.html)。ノミから人間に直接感染することもあります。

ノミは人間の服や靴についたり、同居犬に寄生したりして、室内に侵入することがあります。「うちの猫は100%、おうちにいるから安心」といって、油断しないようにしましょう。先日、お庭に野良猫が来るおうちで、庭に出たことのない猫にノミが寄生していたケースもありました。

ノミは背中につける薬で駆除できます。愛猫を守るのはもちろん、ご自身やご家族を守るためにもノミ対策は大切ですね。

次回はノミが猫にもたらす害についてお話します。

 

なめろうくん、仔猫の時(スタッフの猫、しじみの兄弟です)