院長あいさつ 診療案内 スタッフ紹介 施設案内 アクセス
ニュース しつけ&パピーパーティー トリミング 獣医師勤務表 採用情報

 2010年10

獣医師勤務表
診療秘話 菅野
マナーアップ
ハロウィンコンテスト
診療秘話 小山
写真投稿
猫セミナー
テレビ番組放映
動物だって敬老の日
・獣医師秘話 西川
Happy Halloween !!

フライボール

獣医師秘話 正岡
 
 

2010年10月ニュース                                       

10・11月獣医師勤務表

 獣医師の勤務表です。実際の勤務が勤務表と異なる場合もあります。出勤の有無を正確にお知りになりたいかたは下記連絡先までご連絡ください。

TEL 043-204-8181

↑このページのトップへ

獣医師診療秘話 【獣医師 菅野】

みなさん、こんにちは。獣医師の菅野です。秋も深まって肌寒い日が続きますね。
季節の変わり目、体調など崩されていませんか?

今回は、気圧の変化が起こる季節の変わり目に症状が出やすい「てんかん発作」についてお話します。「てんかん」はその原因から主に「特発性てんかん」と「症候性てんかん」に分けられます。

「特発性てんかん」は、脳に目で見て分かるような原因がないのに周期的に発作が起きる場合です。犬のてんかんのほとんどはこの特発性てんかんで、遺伝的な要素が関連していると考えられています。

「症候性てんかん」は、脳に目で見て分かるような原因(脳の外傷や脳腫瘍、脳炎、水頭症のような奇形)があって発作を繰り返す場合です。猫のてんかんは症候性てんかんの方が多いようです。
発作を起こしている愛犬愛猫を目の前にすると、慌ててどうしたら良いのか分からなくなってしまうと思います。発作を起こしている時は、基本的に触らずに周囲の障害物を退かし、良く観察して下さい。出来ればビデオ撮影などして頂くと診察に役立つことが多いので助かります。また「てんかん日記」なるものに、発作がいつ、どこで、どのように、どのくらい続いたのか、つけて頂くと良いと思います。
てんかんの予後については、発作のタイプや種類によって変わります。犬で一番多い「特発性てんかん」は、薬でコントロールできる事が多く、天寿全うする事も出来ます。

日頃から、ペットをよく観察する事が早期発見、早期治療につながります。少しでも異変に気付いた時は早めの来院をお勧めします。

海浜動物医療センター 獣医師 菅野知里 

↑このページのトップへ

マナーアップキャンペーン実施中!
お散歩のマナーご存知ですか?  
@マナーバックの携帯 
 (ビニール袋、トイレットペーパー、消臭スプレー、ペットシーツ)
A便はもちろん、尿の始末
  (尿はペットシーツで吸い取り、消臭スプレーをかける)
B自宅でトイレを済ませてから、お散歩に出かけましょう。
ただ今、会計時にポケットティッシュとエコバックプレゼント中です。
☆プレゼントは数に限りがありますのでご了承ください
 
海浜動物医療センター 看護師 宮地

↑このページのトップへ

ハロウィンかぼちゃコンテスト
※コンテストは終了しました・・・。結果は2010年11月の海浜ニュースをご覧下さい。

ハロウィン前ですが…
作品であるかぼちゃたちが傷み始めたため、待合室での展示を終了いたしました。
投票してくださったみなさま、ご協力ありがとうございました☆グランプリに輝いたチームは後日ホームページにアップしますので、どうぞお楽しみに!!

人気投票第1位のJack-o'-Lanternは!? 〜Halloweenイベント〜

当院のスタッフをチームに分けて、それぞれ独自のかぼちゃを作成しました。

10/31まで2F待合室
に飾ってありますので、一番気に入ったかぼちゃに投票をしてください!!

☆1☆ フードチーム
鈴木麻衣子・小高・玉造
☆2☆ トレーニング
宮地・松尾・西川
☆3☆ シニアチーム村・才藤・正岡 ☆4☆ リハビリ
田中・伊藤・嶋野
☆5☆ チームCats
鈴木麻里奈・村上
粟飯原
☆6☆ 受付
三上・外間・服部
北川・内田
☆7☆ トリミング
信田・飯塚
☆8☆ チームOPE
小川・尾後貫・遠藤
菅野・林・荒明・小池

同時にペットの仮装写真も募集しています。
一緒にハロウィンを楽しみましょう。
みなさんのご参加お待ちしています☆

☆9☆ 敬老チーム
林・相澤・大石・小山
海浜動物医療センター スタッフ一同

↑このページのトップへ

獣医師診療秘話 【獣医師 小山】

みなさま、こんにちわっ こんにちわわっ(意味はない) 獣医師の小山です。
今回も診療秘話ということで、どちらかというと、診療ではない秘話のほうが得意なのですが、お話しさせていただきます。

ところで、みなさまは健康ですか?
最近は、人に言われて、出来るだけ野菜を食べるようにしているのですが、みなさまは、健康に気をつけていますか?
自分の身体よりも自分のワンちゃん、ネコちゃんなど、ご家族ちゃんの健康のために、食事に気を使ってらっしゃる方も多いと思うのですが、みなさまが健康でないと自分の飼っているご家族ちゃんの面倒をみることができなくなりますよね?面倒をみることができないと、ご家族ちゃんの小さな異常に気が付かない、これでは飼っているご家族を不幸にさせてしまいますよね?
だから、みなさまも健康に気をつけてくださいね。

で今回は、食べ物のお話でもしちゃいますかね。
みなさまは、ワンちゃん、ネコちゃんに食べさせてはいけないもの、食べさせないほうがいいもの、いくつ知っていますか?まあ有名どころでは、たまねぎ、ねぎ、にんにく、ニラ、チョコレート・ココアなどですが、避けたほうがいいものとして、牛乳、ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類、煮干し、海苔そしてぶどう・レーズンなどが、あります。

■ 1) たまねぎ、ねぎ、にんにく、ニラ
血液中の赤血球を壊す物質が含まれているので、貧血を起こしたり、おしっこの色が赤くなったりします。加熱しても毒性は残るので、ハンバーグ、餃子(王将の餃子も含む)などもやめてくださいね。

■ 2) 牛乳
生まれつき乳糖分解酵素が不足しているために牛乳に含まれる糖分(乳糖)をうまく分解できないワンちゃん、ネコちゃんが2、3割いるといわれており、こうした子たちは、お腹が下りやすくなります。 

■ 3) チョコレート・ココア
カカオには、中毒を引き起こす成分が含まれています。ワンちゃんは甘いものが好きなので目を離した隙に沢山食べてしまうことがあるので注意してください。中毒を起こすと下痢・嘔吐・突然死を起こすことがあります。

■ 4) ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類
油分が多く(約50%)、またマグネシウムやリンなどを豊富に含んでいるため、カロリーの過剰摂取による肥満やストラバイト結石のリスクが高まります。

■ 5) 煮干し、海苔
煮干しや海苔の中にはマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、このミネラルが尿のphに影響を与えたり、ストルバイト結石形成のリスクを高めてしまいます。

■ 6) ぶどう・レーズン
ぶどうを大量に摂取することにより、主に犬で急性腎不全を発症して、最悪の場合は死に至ることがあります。

また、生魚(ビタミンB1欠乏症や黄色脂肪症を起こす可能性)や肉だけの食事、卵の卵白、さらにはスルメや鶏の骨なども避けたほうがいいでしょう。

今回は食べ物の話でしたが、結局ね、何が言いたかったかというとね、元気があればなんでもできるということです。おわり。

海浜動物医療センター 獣医師 小山 秀人

↑このページのトップへ

飼主さんからの写真投稿

内原しまくら(ちよこ)です。
【ニックネーム:ちぃま】
腎臓病治療も1年を過ぎました。
猛暑の夏バテから やっと復活・・・
したと思ったらもうハロウイン。


↑このページのトップへ

猫セミナー開催のお知らせ

11月より当院3階診察室で猫専門外来を始めます(=^・^=)
猫専門外来の一環として、猫に多い病気や猫に必要な検査・予防について皆様にお知らせし☆HAPPYねこライフ☆を満喫するお手伝いをしていこうと思っています。

第一弾として、11月3日に慢性腎不全について獣医師粟飯原・看護師鈴木よりお話します。

慢性腎不全は中高齢期に多く発生し、治すことが難しい病気です。しかし、早期から治療を始めることによって、快適な生活を維持しながら猫の命を延ばすことができる病気です。愛猫には元気で長生きして欲しいですよね。そのための早期発見を私たちはお勧めします。
詳しくはこちら>>
海浜動物医療センター 獣医師 粟飯原

↑このページのトップへ

テレビ番組放映について

9月に当院にて撮影を行った番組が、10月15日19:00〜20:50 『ペット波乱万丈 ワンダーにゃんダー』で放映されました。
ご来院のみなさまにはご協力いただき、ありがとうございました。今後、このような放映があった場合には事前にお知らせできるよう努めます。番組をご覧になられた方、当院で撮影された場所はおわかりになりましたか??次回ご来院の際に、ぜひ教えてくださいね。

海浜動物医療センター 受付 三上

↑このページのトップへ

「動物だって敬老の日」イベントの報告

先日の「動物だって敬老の日」イベントの報告をさせていただきます。 9月20日敬老の日に、当院4階セミナールームにおいて、抽選で選ばれたご長寿の動物たちとそのご家族に、表彰式を行いました。
ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

代表して、犬、猫、うさぎ、フェレット各部門の最長老の方にお言葉もいただきまして、みなさまそれぞれのオリジナルの長寿の秘訣や今後の過ごし方などをお話しいただきました。 またご参加いただいた飼い主さまどうしもご談笑していただきまして、みなさま楽しまれていた様子でした。

なにより飼い主さまだけでなく、大事なご家族たちも一緒に参加していただきまして、時折鳴き声という形でもお話しに加わっていただき、とても楽しい時間を過ごせたことをうれしく思います。


最長老賞 大型犬
佐藤 ユンカース ちゃん
最長老賞 小・中型犬
宇野 パディ ちゃん
最長老賞 猫
中山 マイ ちゃん
最長老賞 うさぎ
有川 なみへい ちゃん
最長老賞 フェレット
井上 モカ ちゃん

野田 ちろ ちゃん

平野 グー ちゃん

田中 ジョン ちゃん

高橋 ちいにゃん ちゃん

岩瀬 くま ちゃん

本間 こたろう ちゃん

石井 リッキー ちゃん

澤部 二郎 ちゃん

細谷 マック ちゃん

曽我 セイラ ちゃん

島崎 ゴーたん ちゃん

モカ ちゃん

甲田 チャチャ ちゃん

渡辺 シマ ちゃん

高畑 しろ ちゃん

田中 ポテチ ちゃん

水津 茶々 ちゃん

関根 ヒメ ちゃん

荒井 チビ ちゃん

丸山 ニャトラ ちゃん

ピョンキチ ちゃん

田中 トト ちゃん

関根 チョコ ちゃん

阿部 まめ ちゃん

関 メイ ちゃん

樫下 ころ ちゃん

アブウ ちゃん

田久保 リラ ちゃん
また来年以降も続けていきたいとは思っていますので、是非皆様、1日でも長く愛するご家族と一緒に過ごしていただきまして、同じ道のりを歩んでいただき、また来年お会いしましょう。
海浜動物医療センター 高齢犬チーム 岡村

↑このページのトップへ

獣医師診療秘話 【獣医師 西川】

こんにちは西川です。皆さん、9月の大雨大丈夫でしたか?
場所によってはかなりの雨量だったようで、実は私の家もその一つでした・・・。
なんと、「床上浸水している!水位がどんどん上がり2階に避難している!」と、病院で緊急の報を受け、急ぎ家路に。

「こういうときはまず落ち着いてメシだ」、とマックでお買い物しているうちに雨は弱まり、家の前の道路まで膝上の水位に上がりとても帰って来れないよ!と言われていたので覚悟を決めて向かったものの、すでに水は引いていました。しかしながら漏電の恐れもあるためブレーカーを落とした我が家は真っ暗で、みんな家の中を土足で歩いていました。
こんなこと!あるんだ!・・・テレビのニュースで見る映像のようでした。以前この辺で水害があったのは40年以上前との事だったので、今回の事は限界を超える相当な雨量だったのかなと推察しています。

1Fの畳は全滅し、撮りためたビデオや本が水に浸かり、家具や家電も捨てました。親父の買い換えたばかりのMade Inドイツの新車も水没・・・ヤナセの方が連れ去りました。
無事だったもの:人命と犬命、車高が高い我が愛車ナナちゃん(ランクルナナマル)。
今回の出来事は、弟いわく「かなり(人生の)経験値上がったよね」・・・コイツなんてプラス思考なんだと思いましたが、畳剥がしなど大がかりな片付け、保険屋とのやり取り、災害セットの備えの重要性、家の構造を知ることができたり、なにより怪我人がでなかったことが一番よかった事だと、弟の言うこともまんざらではないなと思い直しました。

皆さん懐中電灯と電池の備えは十分ですか?最近のデジタル製品は専用バッテリーのものが多く、昔のように乾電池を使う機会が減ったのではないかと思います。是非本数と置き場所のチェックをしてみて下さい。
またこういった災害の時にどうやって動物を安全に保護すればいいのだろうか?という事も考えさせられました。勿論ケースバイケースで一定の方法はないのでしょうが、一番重要なのは動物のことを少しでも理解してもらう啓蒙なのではないかと思いました。例えば避難所のような場所では動物の命を守ることだけでなく周囲の人間への配慮が非常に重要になるだろうと思われます。体力・知力共に磨かねばなりませんね。

最後に・・・以来、マックを食べると浸水した日を思い出すと家族に言われます。通称「闇マック」です。

海浜動物医療センター 獣医師 西川 鉄平

↑このページのトップへ

Happy Halloween !!

今年もやってきました、ハロウィンの季節が!

みなさま、いかがお過ごしですか?
当院では、またまた院内の雰囲気がガラリと変わりました。


秋です。
2階待合室は、どっぷりと秋の雰囲気に包まれています。
そして、10月31日のハロウィンに向けて、1階から4階までかぼちゃなどの飾り付けで賑やかになりました。

みなさま、お散歩中にでも、ぶらりと当院へ立ち寄ってみてください。 日によっては、おやつ(人間用)がもらえたりするかも… もちろん、合言葉は

おとなもこどもも関係ありません。。。 お待ちしてまーす☆

海浜動物医療センター 受付 三上

↑このページのトップへ

フライボールをやってみよう!!

4つのハードルを跳び越え、 その先にあるボールをくわえて、再び4つのハードルを 跳んでスタート地点まで戻る速さを競うドッグスポーツです。
愛犬とより良い関係を作りたい、一緒に楽しみたいという方スポーツの秋にわんちゃんと楽しくフライボールを練習してみませんか?皆様のご参加をお待ちしております。
日時 10/24(日) 11/7(日) 11/21(日)
13:30〜15:00、15:30〜17:00
定員がいっぱいになりました!
たくさんのご応募ありがとうございました。
料金 3回 3,150円 ※3回で1セットのレッスンです。
対象 健康で他の犬に攻撃性のないわんちゃん
場所 4階 セミナールーム
※ お申し込み、ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。
※ 参加当日は、愛犬の好きなボール(おもちゃ)、フードをお持ち下さい。
また、動きやすい服装でご参加下さい。
※ (社)ジャパンケンネルクラブのホームページで、
フライボールの動画がご覧いただけます。http://www.jkc.or.j
海浜動物医療センター ドッグトレーナー 松尾

↑このページのトップへ

獣医師診療秘話 【獣医師 正岡】

2回目の診療秘話。今回は実家で飼っている愛犬サクラについて書きたいと思います。
サクラはマルチーズの女の子で、現在7歳です。うちでは威張ってばかりですが、一歩外に出るとすぐに震えておとなしくなってしまう完全に内弁慶タイプです。

サクラが5歳のとき、初めて血液検査とレントゲン撮影を行いました。これといって何か気になる症状があって検査したわけではなく、5歳になったし、一度検査でもしてみようかな、という軽い気持ちからです。その結果、血液検査では特に異常はありませんでしたが、レントゲン撮影で、なんと膀胱の中に結石ができているのを発見したのです!しかも、10個も!!血尿や頻尿などの症状も全くなかったため、とても驚いたのを今でもよく覚えています。幸い、処方食を食べるだけで溶かせるタイプの結石だったため、今では結石はすっかりなくなり、相変わらず家では威張って元気にしています。

定期健診の大切さというものを、この出来事によって僕は改めて実感しました。
もちろん、検査をしたからといって、すべての病気を発見できるわけではありません。
しかし、何か異常を見つけ、早期発見ができればその病気を治すことができるかもしれません。
僕も、サクラに結石ができてからは定期的に健診をしています。何も異常がなければそれはものすごくうれしいことですし、何か異常値が出てしまった場合は、早期発見早期治療につながります。

もしこの診療秘話を読んで、「そういえばうちの子は特になにも検査していないな」と思った方は、一度、血液検査だけでもしてみてあげてください。

海浜動物医療センター 獣医師 正岡 久典

↑このページのトップへ