院長あいさつ 診療案内 スタッフ紹介 施設案内 アクセス
ニュース しつけ&パピーパーティー トリミング 獣医師勤務表 採用情報

 2009年5

獣医師勤務表
今月の患者さん

スタッフ日誌 看護師 櫻川

 

2009年5月ニュース                                    

7月 獣医師勤務表

 獣医師の勤務表です。実際の勤務が勤務表と異なる場合もあります。出勤の有無を正確にお知りになりたいかたは下記連絡先までご連絡ください。

TEL 043-204-8181

↑このページのトップへ

今月の患者さん
市倉 メアリー君

市倉 メアリーちゃん

「4月5日でメアリーも18カ月になりまし た。 貴センター・スタッフの皆様のお力添えで毎日、元気で走り回っております。 最近の散歩も自宅から1.5km離れた公園まで往復歩いています。とにかく、ドッ グフードと水だけで一切、何も与えません。健康の秘訣は、貴センターの毎月の健康 診断とトリミングの成果だと思います。「わんちゃん」もスタッフの皆様に会える事 を 楽しみにしているようです。 」


薄田 うりちゃん

「去年の6月8日にうちの家族になってから、 こちらの病院で時々お世話になりながら順調に育ち 4月20日に満1歳の誕生日を迎えました。 避妊手術の後、ちょっと太り気味のうりです(^-^; 」


平山 ももちゃん

「14歳ですが元気いっぱいです♪ 」


お誕生日やかわいい写真が撮影できた際、当院まで是非お送りください。このページに掲載させていただきます。

写真はメールでお送りください。写真をお送り頂く際は、飼主名・ペット名・コメントなど一緒に送ってください。皆様のかわいいお写真お待ちしています。

↑このページのトップへ

スタッフ日誌 『動物看護師 櫻川』
こんにちは。一年のうち一番雨が多く、湿気の多い季節になりました。体調も崩しやすい時期なので気を付けてくださいね。今月のスタッフ日誌は櫻川が担当します。

私が動物看護師として働き出して早1年がたちます。働くと同時に一人暮らしを始めたので、こちらも1年がたちました。実家は九州の福岡県で、働き始めの頃は「遠いところからよく千葉に来たね。」などと驚かれました。確かに、最初は仕事と一人暮らしがきちんとできるか不安でしたが、関東に出てきて新しい発見がたくさんあり、毎日がとても楽しかったです。また、自分を鍛えることもできたと思います。
一番よかったことは、親のありがたさが分かったこと、一番慣れなかったことは、標準語だと思っていた言葉が通じない場面が多々あったことです。福岡では気づかなかっただけに、違う場所に来たのだと実感し、寂しくもありました。今ではすっかり標準語にもなれました・・・?!。
楽しく過ごせていたからこそホームシックにもならずに今までこられたのだと思います。

ただひとつ寂しいことは私のパートナーである「そら」と離れていることです。「そら」はドワーフロップイヤーという種類のうさぎで、女の子です。結構気が強いです。「そら」と暮らすまではうさぎはおとなしい性格だと思っていましたが、そんな私の思い込みを見事に覆してくれました。気に入らないことがあると怒ったり、すねたり、時には噛み付いたり!!でも、寂しいときはそばによってきます。感情豊かで毎日飽きません。トイレやハウスなどのしつけもでき、犬にも負けていないと思い込んでいます。

うさぎを飼っている方は分かると思いますが、爪切りや耳掃除は大変です。コツをつかむとお家でもできますが、うさぎは蹴る力が強く、それがゆえに骨折しやすいので、無理せずできないときは動物病院でやってもらいましょう。


今でも時々思い出す「そら」の笑えるささやかな事件をお話します。「そら」はよくベランダに脱走して、母が大事に育てている花たちを跡形もなく食べていました。初めは母によく怒られていましたが怒られた後、座布団におしっこをして仕返しをするのでさらに困っていました。

ある日、普段は「そら」には届かない場所に置いているドクダミ草が「そら」の届くところにおいてあり、何のためらいもなくドクダミ草を食べてしまいました。かなり苦かったのか、ものすごい勢いで顔を洗い出し、表情はしかめっ面。それを見て、家族は大爆笑でした。それ以来「そら」はむやみにベランダの植物を食べなくなりました。
今だにあのときの「そら」の顔が忘れられません。 その後も面白エピソードを繰り返しているようで、母がよく話してくれます。そんな「そら」も3歳になりました。少しは落ちつくかと思いきや、まだまだです・・・。

今まで病気をしたことがないので、万が一に備えてうさぎについてしっかり勉強していき、病院に来るうさぎちゃん達や「そら」に役立てればと思っています。

九州から関東に出し、動物看護師にならせてくれた親に、日々の感謝の気持ちを忘れずに頑張っていこうと改めて思いました。
 2009.5 看護師 櫻川 美晴

↑このページのトップへ