院長あいさつ 診療案内 スタッフ紹介 施設案内 アクセス
ニュース しつけ&パピーパーティー トリミング 獣医師勤務表 採用情報

 2009年3

今月の患者さん

スタッフ日誌 看護師 小川

 

2009年3月ニュース                                       

今月の患者さん
市倉 メアリー君

三島 アルちゃん

三島アルちゃんは、毎年年末に次の年のえとの帽子をかぶって、コスプレをしてくれます。
今年の牛のお帽子も良く似合っています。

※更新が遅くなってしまい、お正月に掲載できませんでした。申し訳ありません。


市倉 メアリー君

市倉 メアリー ちゃん

『貴センターには、毎月の健康診断以外でもトリミングで伺う事でお世話になっております。診察なしで、トリミングだけをお願 いして帰れる事が、飼い主 と「ワンちゃん」にとっても幸せな事だと思っております。
貴センターのスタッフの皆様宜しくお願い致します。 』


お誕生日やかわいい写真が撮影できた際、当院まで是非お送りください。このページに掲載させていただきます。

写真はメールでお送りください。写真をお送り頂く際は、飼主名・ペット名・コメントなど一緒に送ってください。皆様のかわいいお写真お待ちしています。

↑このページのトップへ


スタッフ日誌 『動物看護師 小川』
こんにちは。

3月に雪が降ったりと、急に寒くなりましたね。気候の変動が激しいときは、人間だけでなく、動物も体調をくずしがちです。気をつけてあげて下さい。

今月のスタッフ日誌は小川が担当します。

今年の4月で働き始めて2年がたちます。 最近印象的だった出来事、今年の2月1日に13歳10ヶ月の一生を終えた輪湖しろちゃんについてお話したいと思います。
しろちゃんは名前の通り、全身の毛が真っ白のネコちゃんです。 家の中ではこたつの中や、ヒーターの前がお気に入りで、雨が降っている日は自転車のかごに入って、体がビシャビシャになるまで雨を見ているのが好きだったそうです。
私は、そんな一風変わったしろちゃんが大好きでした。

しろちゃんは慢性腎不全という病気にかかっていました。 慢性腎不全は定期的な通院が必要で、私はしろちゃんが治療に来るたびに様子が気になっていました。
出来る限り診察に入り、その日のしろちゃんの様子を聞いて、輪湖さんと共に一喜一憂していました。

家に帰ってからは、お姉さんが頑張ってお薬を飲ませていらっしゃったそうです。

見ためは元気そうに見えても、病気は徐々に進行し、高齢なしろちゃんの体は辛かったのでしょう。1月の中旬から少しずつ元気がなくなってきました。

そんな状態でも、大好きなこたつの中にもぐりこんだり、ヒーターの前では体が熱くなるまで陣取って居たそうです。

そして、2月1日の朝方、しろちゃんは自宅で眠るように息を引き取りました。

約2年もの間、一生懸命病気と闘っていたしろちゃんを思うと、今は「お疲れ様」と言いたいです。 しろちゃんと出会い、一生懸命生きようとする姿を見て、命の尊さを改めて思い知らされました。

しろちゃんのご家族の皆さんに「ありがとう」と言っていただいたことは、今でもずっと心の中に残っています。

しろちゃんに教えてもらったことを胸に、動物看護士として成長できるよう、 これからも頑張っていこう決意しました。

 2009.3 看護師 小川賢太郎
 

↑このページのトップへ