院長あいさつ 診療案内 スタッフ紹介 施設案内 アクセス
ニュース しつけ&パピーパーティー トリミング 獣医師勤務表 採用情報

 2008年9

今月の患者さん

スタッフ日誌(VT宮地)

2008年9月ニュース                                       
今月の患者さん
市倉 メアリー君 
※この写真は8月初旬に送っていただきいました。掲載が遅くなり申し訳ありません。
市倉 メアリー君

『猛暑が毎日続いている最中、「ワンちゃん」も厳しい生活を送っています。
しかし、メアリーにとっては、生まれて初めての猛暑ですが、8月5日で生後10カ月 を迎える若さなので、この猛暑を問題にせず、元気に朝、晩の散歩を喜んで歩いて います。
この前も遠藤先生から「熱中症」に関するアドバイスを毎月の健康診断からお話しをいただき、その効果が元気の源になっているようです。食欲もドッグ・ フード を美味しそうに食べ、毛の艶、皮膚のアレルギーもなく、8月の健康診断を楽しみに し ています。』


平野 グー君
平野 グー君

『5月下旬、急に倒れて立てなくなりはじめての事で慌てましたが、先生、看護婦さんたちのおかげで元気になりました!

平日なのでタクシー通いになり、はじめてバックに入ったときのグーです。 13歳で高齢ですが、何歳になっても、どんな状態になってもいつまでも大事な家族です!』

『海浜医療センターの皆様、本当にいつもありがとうございます。 グーが倒れたときも、皮膚で大変なときもそして今も、皆様の温かい接し方など、本当に感謝を感じ、そして尊敬しております。

希望をもち、病院に通えるなんて本当にグー、私達家族は幸せです。 皆様、いつもお忙しそうですが、お体、ご慈愛くださいませ。 』


三島 アル君
三島 アル君

”アゴがらくちん”

『とっても可愛いお気に入りの一枚です 』


お誕生日やかわいい写真が撮影できた際、当院まで是非お送りください。このページに掲載させていただきます。

写真はメールでお送りください。写真をお送り頂く際は、飼主名・ペット名・コメントなど一緒に送ってください。皆様のかわいいお写真お待ちしています。

↑このページのトップへ


スタッフ日誌 『看護師 宮地』

宮地

 今月のスタッフ日誌は宮地が担当します。

「あの背の高い人ね?」 はい、そうです。診察室やフードコーナーで飼い主さんとお話をすることが多いのですが、 私は犬のしつけを担当しており、4階の保育ルームでトレーニングを行っています。

 
 私はこの仕事に就くまで別の仕事をしており、犬のしつけを学んで仕事にしたいと考えて転職をすることを決めました。ですから、ドッグトレーニングの専門学校に入学したときにクラスメートは全て10歳年下の子達ばかりでした。

  クラスメートには最初の自己紹介の時に「ねえさんと呼んでください。おばさんと呼んだら返事はしません!」と宣言。たまに「お母さん」と呼ぶふとどき者がいたり、教務の先生と間違われて挨拶されたりしましたが違和感なく溶け込め(と、私は信じています)、非常に楽しくトレーニングを学ぶことが出来ました。

 学校には先生が何人もおりそれぞれ異なったトレーニング方法を学ぶことができました。

  オーソドックスな訓練法、介助犬育成でほめて強化をう行方法、家庭犬のインストラクターとして犬と飼い主の教育を行う方法、アジリティのトレーニング方法等、様々なトレーニング方法とそれぞれの長所と短所を学べ、そのことが今の私に非常に大きな力になっています。
 犬の性格や目的等によってどのトレーニング方法を選ぶかで、犬の成長に大きな差が出ます。

  「本を買ってその通りにしているのに全くうまくいかない」という悩みをよく聞くのですが、そのわんちゃんには合わない方法なのかもしれませんし、ちょっとしたタイミングが合っていなかったりするのかもしれません。

  わんちゃんと楽しく過ごすためには基本的なしつけ・トレーニングが必ず必要ですが、うまくいかないと感じたら是非レッスンにいらしてください。 楽しくトレーニングをしてわんちゃんと共に成長しましょう!

当院のしつけについてはこちらをご覧ください。
トレーニング風景
 2008.9 看護師 宮地
 

↑このページのトップへ