『猫が幸せならばそれでいい』という本を読んでいます。獣医師の入交眞巳先生(動物行動学)が飼い主さんに向けて書かれた本です。

「排泄したあとにダッシュする」など、猫と暮らしている方が読むと、あるあるとおもう事柄について、行動学の視点から解説しています。いわゆる問題行動に対する考え方や対策の助言もあります。

とても読みやすい本です。猫の本能やきもちを大切になさっている、入交先生の優しさが伝わってきます。