歌手の玉置浩二さんが「シンフォニックコンサート in 香港」の番組で、おっしゃっていました。

「やっと届いている感じがします」

「ここからですね」

あれほどの実力と経験を持ちながら、「やっと届いている」と考えている。玉置浩二さんさえこれほど謙虚に、そして意欲を持ちながら歌っていらっしゃる。獣医師としてのキャリアや実力がまだまだの私など、スタート地点にたったばかり。いつまでも謙虚に、誠実に、地道に努力していきたいとおもいます。

日々の診察に気を緩めず、手を抜かずというのは当たり前ですが、日々の勉強を大切にしたい。私は一般診療にあたっているので、勉強しなければならない分野は無数にありますが、最近は呼吸器の勉強に力を入れています。写真は画像診断に絞った専門誌ですが、呼吸器の特集シリーズがはじまったので、定期的に購読することにしました。

このブログは主に飼い主のみなさんを読者に想定していますが、動物病院で働きたい、獣医師や動物看護師になりたい・・・そんなおもいを持った方も対象にしています。断片的ではありますが、獣医師がどんな仕事をして、どんなふうに勉強をしているのかも、ご紹介できればと考えています。

ところで、玉置浩二さんは私が大好きな歌手のお一人です。小学生の頃から安全地帯を聞いていた兄の影響を受けたのかもしれません。静かな夜、玉置さんの声に耳を傾けることには、豊かな海に身をゆだねるようなしあわせがあります。